So-net無料ブログ作成

(妄想小説)素っ裸の労働現場 - 大型トラクターで脱ぐ男 第2話 [妄想小説]

 その翌日の夜、農協の福田から電話があって、次の日曜日に農協祭りの片付けを手伝いに、本間畜産に来て欲しいとのことだった。何で、本間のとこだろうと疑問には思ったが、了解した。そして日曜日のお昼、本間畜産を訪ねると、もう既に福田は来ているのか、事務所の前に農協の軽トラックが止まっていた。だが事務所の中にも、自宅も誰もいなかった、畜舎かなと思い、シャッターは降りていたが畜舎の横の扉が開いたので、中に入ってみた。
「グフッ、ウゴッ、ウゴッ、グガッ・・・」
 20頭程の牛たちの鳴き声に混ざり、妙なうめき声が聞こえたので、畜舎の奥に進むと、そこには牛の囲いの中で、まるで牛のように鼻輪を付けられ、素っ裸のまま柵に縛り付けられた口枷を噛まさ目隠しされた明弘がいた。そして明弘のケツを福田が掘っていた。小次郎の足音に気がつくと、明弘は驚き首を必死で横に振った。
「おおっ!小次郎っ、遅かったなあ!もう種付けは始まってるぞ!」
 福田の言葉に、来たのが小次郎だと判ると、明弘は、がっくりと頭を垂れた。
「福田っ、お前何やってんだ!」
「いや!いや!これは、明弘からどうしてもって頼まれてやってんだけど・・・。なあ、明弘!」
 必死で首を横に振っていた明弘は、そう言われると、素直に頷いた。
「じゃあ、2人だけの問題じゃねえか!何で俺呼んだんだ?関係ねえなら、もう帰るぞ!」
「いや、明弘がどうしても小次郎にも種付けしてやって欲しいって言うもんでね・・・。何でも、小次郎の他人に見せられない画像や動画があるみたいで・・・」
「なんだ、それで俺を脅すつもりか?なら、あんな画像も動画も、あちこちバラ巻けば良いさ!俺は、別に困らねえし!」
「さすが小次郎、肝っ玉座ってんなぁ!そうこなっくちゃ!ただね、お前が手伝ってくれねえと明弘が困るんだよなあ・・・。おらっ、自分の口から説明しなっ!」
「・・・小次郎すまねえ!頼むから、お前のケツを掘らせてやってくれ!一生のお願いだ!じゃないと、ここが・・・」
「福田っ!お前、借金の片に明弘の身体買ったのか?とんでもねえ野郎だ!」
「いや!いや!俺を悪者にしないで欲しいなあ!返済が滞って、どうしても払えないから身体差し出してきたのは明弘だし・・・(笑)」
「お前って奴は・・・」
「俺は、どっちでも良いんだよ!小次郎ができねえって言うなら、明日にでもここを売っ払って、足りない金、入れてもらうだけだし・・・」
「・・・ちっ!お前って奴は・・・。じゃあ、俺のこと好きにやれよ!」
「えっ?やれよですか?}
「俺を好きに犯せよ・・犯してください!種付けしてください!」
「えええええええっ?小次郎からも種付けお願いされるとはな・・・(笑)じゃあ取り敢えず、素っ裸になって、明弘の隣に立ちな!」
 小次郎は、来ていた服を脱ぎ捨てると全裸になり、明弘の横に立った。明弘は、小次郎を見上げると、何度も頭を下げ、そして顔を背けた。福田は、小次郎の身体を亀甲に縛り上げると鼻に牛用の鼻輪が取り付け、明弘同様に、牛の係留索に取り付けた。そして四つん這いにさせられた。
「やっぱ画像や動画と本物は違うなっ!こうして二人見るとどこの品評会に出しても、優勝できそうな身体だもんなあ!まあ、小次郎君が、霜降りで評価が高いかもしれんが・・・(笑)さて、種付けすんのに糞まみれにされちゃ、嫌だし、ちょいとキレイにしようか!」
 そう言うと、福田は小次郎のケツに、イチジク浣腸を5個入れた。すぐにグリセリンが、小次郎の腸を刺激し始め、グルグルと小次郎の腹が鳴り出し、腹が痛み始めた。
「ぐあっ・・・」
「あれっ、もうギブアップか?そんなことじゃあ、これからの種付けに耐えれねえぞ!せめて人並みに10分程は我慢してもらわないと・・・(笑)」
「ぐぎっ・・・、があっ!」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0