So-net無料ブログ作成

ポークとコンビーフハッシュ [沖縄情報]

 沖 縄には、沖縄独特の呼び方をする、食べ物が多い。例えば、沖縄で典型と言えば、ゴーヤ。ワシは、小さい頃からニガウリという名前で、夏になると母親が軒下で育て、卵と炒めて出してくれた。それも、最盛期になると、ほんま毎食なんらかの形で、食卓に上っていたもんや。子供ゆえ、あの苦さが、少し苦手ではあったんやけど・・・(笑)最近じゃ、ピクルスにして、お漬け物並の扱いで、食べているらしい・・・
 ニガウリのほかに、ヘチマは、ナーベラーやし、山羊は、ヒージャーやし、数え切れないほど、独特の呼び名が存在する。

 存在すら知らなかったものもある、その代表と言えば、モーイや!沖縄におったことがあって、今は東京在住の友人に、東京で手に入らないからと頼まれ、初めて知った。内地では、赤瓜と呼ばれるらしいが、瓜科でキュウリのでかいサイズみたいな夏野菜や。大きいものやと、数キロにもなるらしい。

 ところで、住んでいて一番困るのが、同じ呼び名やのに、まるで違う食べ物や。例えば、チャンポンと言われる物は、麺類ではなく、丼物やし、すき焼きは、鍋やなく、お皿に載って出てくる。

 そんな一種独特の沖縄の食文化であるが、それらの独特の食べ物の中には、アメリカ文化の影響を色濃く残したものもある。
 その典型が、ポークや。ポークと聞くと、豚肉を想像してまうんやけど、これは、内地で言うところのランチョンミート、もしくはスパムで、1センチ弱の厚さに切ったものを炒め、卵と一緒に、ポーク玉子なる定食があったり、チャンプルの具材の1つとして使われることが多い。
また、コンビーフも沖縄独特な食べ物の1つや。コンビーフ自体は、特に珍しいものでもないが、沖縄の場合、コンビーフと言うと、コンビーフに、ジャガイモのみじん切りが混ざった、コンビーフハッシュなるものが、コンビーフとして、堂々と存在している。
 実際、スーパーなどでは、コンビーフハッシュとの名前で売られているんやけど、沖縄の友人たちは、単にコンビーフと呼んでいる。ただ、このコンビーフハッシュは、それ自体で食べると言うより、ポーク同様、チャンプルや、焼きめし、オムレツなどの具材の1つとして使われることが多く、コンビーフハッシュを入れることで、特に味付けしなくても、チャンプルや、焼きめし、オムレツが美味しくなるんで、手軽な食材兼調味料として、使われているようや。

 ポークにしても、コンビーフにしても、地元のスーパーなどで、手軽に手に入るし、時に特売で、激安で売られていたりする。沖縄のお土産の1つとして、持って変えれば、手軽に沖縄の味を再現できるし、意外にエエお土産になるかんしれん。

 旅先で、地元のスーパーなんかを覗いてみるのは、食文化を含め、その地域や人々を知る上で、とても面白いもんやし、意外な発見が多い。特に沖縄には、24時間開いてるスーパーも存在している。ぜひ、沖縄にお越しの際には、観光がてら、沖縄のスーパーを覗いてみて欲しい。
それにしても、いや!いや!まだまだ、沖縄の食文化は奥が深いっ!!!!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感