So-net無料ブログ作成

(妄想小説)農奴 第6話 [妄想小説]

「よおっ!2人とも偉く派手に遊んでくれたな!」
 そう言いながら、源太が林から出て来た。
「省吾さんとやれるって聞いて、この1週間ずっと抜かずに期待して待ってましたから・・・」
「ほんと!絶対、嘘だと思ってたけど・・・。まさか本当に省吾だとは・・・。省吾、楽しかったぜ!」
「えええええええっ?」
「この2人とも、仲間って訳さ!お前の殻を破るために手伝ってもらった。と言うか喜んで手伝ってくれたけどな!(笑)」
「だって、本当にずっと省吾さんに憧れてたから・・・。チンチンもデカいし、これでどSだったら、ずっと付き合うのに・・・」
「まあまあ、そいつは剛士のためにも、ちょいと辛抱してやってくれっ!こいつ本気で省吾に惚れてやがるからさ!さっきもお前ら2人に嫉妬して飛び出して行く勢いで、ハラハラしてたんだから・・・」
「仕方ないだろ、省吾は俺の初恋の相手なんだ・・・。だから、2人には悪いけど・・・、ちょっと焼き餅やいてしまった・・・」
「俺、まだ省吾にケツ掘ってもらってないけど・・・。剛士っ、1回だけ、省吾に俺のケツも掘ってもらっても良いだろ?尚人やられてるの見て、ずっとケツが疼いて仕方なかったから・・・」
「ほんと、この村にゃあ、タチだとかSだとかって奴はいねえのか?どMやどウケばっかりじゃねえか!」
「ええええっ!そうしてんの源太さんでしょ!源太さんの毒牙に掛かって、みんなそうなったんだから、自業自得っすよ!」
「ば〜か!俺は、お前達の本性を暴いただけだよ!危険冒してまで、ノンケやどSの奴に手出しするバカないねえよ!」
「俺っ、時々ならSやっても良いかも・・・。剛士鞭打った時、ゾクゾクした快感あったし・・・」
「えええええええっ?それなら、剛士さんの一人勝ちじゃん!ずる〜い、貴重なS二人とも独占してるし・・・」
「まあまあ、まあまあっ!それにしても、タチ足りてねえんだよな・・・。仕方ないっ、こうなったら、次は爺さん連中を巻き込むか・・・」
「えええええええっ?爺さん達って、もうチンポ勃たないっしょ!タチだって言ってもチンポ勃起しなかったら、タチの意味ねえじゃん」
「あっ、お前ら爺さん連中をバカにしたな!チンポ勃たなくなってからの、爺さん連中の固執ときたら、すげえもんあるぞ!チンポの代わりになりそうなもん随分と溜め込んであるからな・・・。しかも自分が逝かない分、終わりがねえから、俺たちの倍以上しつこいぞ〜っ!」
(終わり)
nice!(0)  コメント(0) 

(妄想小説)農奴 第5話 [妄想小説]

「せ〜の!・・・・・・・えええええええっ?しょ、省吾っ、なっ、なんで・・・」
「・・・・・・・・・・」
「へえっ、省吾さん、露出狂のど変態だったんだ・・・。ほらっ、見てみなよ!その証拠に自分のことバレたのにまだチンポ勃たせたままじゃねえすか!優生さん、俺が省吾さんのチンポ扱いてる写真撮ってください!」
 顔が写らないように、頭を背けるが、髪の毛を尚人に掴まれ、無理矢理カメラに顔を向けられた。
「すげえっ!本当だ!チンポの先から、まだ汁垂らしてるぞ!いやらしいなあ・・・尚人、後ろから手を回して右手で乳首弄りながら、左手でチンポ扱いてくれっ!そうそう!んじゃ、撮るぞ!」
 後ろから抱きついた尚人のチンポが省吾の縛られた手のひらに押しつけられた。尚人のチンポは、もうギンギンに勃起していた。いけないと思いながら、省吾は尚人のチンポを握った。
「なんだ、省吾さん。どMでど変態なら、もっと早く言ってくださいよ!俺、昔っから省吾さんのこと憧れてたのに・・・ちょっとガッカリだな・・・」
「省吾、お前も知ってのとおり、こんな村じゃあやらせてくれるマンコもねえしさ、俺たち溜まってんだよ!」
「優生さん、俺、省吾さんのケツ掘らさせてもらっても良いっすよね!さっきから省吾さんにチンポ揉まれて、もうたまんねえんすよ!」
「省吾に拒否権はねえんじゃねえか?素っ裸の画像もあるし、逆らうようだったら、画像流出させるって脅せば、嫌がらないはずだぜ!なあ省吾っ!」
 尚人は、その場で着ていた服を全部脱ぎ捨てた。体育教師らしく、ガッチリとした身体付きの尚人は、省吾の後ろから省吾のケツの穴に、チンポを押し入れて来た。優生は、カメラを置くと省吾の正面に立ち、省吾の乳首を弄りながら、省吾のチンポをユルユルと扱き始めた。
「があっ!あああああああああっ!」
 省吾のケツの穴を押し広げながら、尚人のチンポが奥まで突っ込まれると、尚人は、ユルユルと省吾のケツを掘り始めた。省吾の口枷が外された。
「あああっ!ち、ちがうんだ・・・。ああああっ!やっ、止めてくれっ!違うっ!違うんだ・・・。あああっ、すげえっ!」
「何が違うんですか?チンポもヒクヒクしてるし、ケツマンコだって、すげえヤワヤワと俺のチンポ握ってくるし・・・。優生さん、省吾さんのケツ、無茶苦茶名器っすよ!入口きついのに中トロトロで・・・」
「チンポもすげえぞ!省吾、こんなデカいチンポしてたんだ!その癖ガチガチで汁も多いし・・・」
「あああっ!やっ、止めてくれっ!ち、チンポそんな風に弄られたら、たっ、たまんねえっ!逝きそうっ!優生頼む、弄らないでくれっ!尚人も、俺のケツ掘るの止めてくれっ!ケツが、ケツマンコが良いっ!」
「えええええええっ?止めて欲しいんすか?じゃあ、優生さん、止めましょうか?」
 優生は、省吾のチンポを握ったまま動かさなくなった。そして尚人も、省吾のケツの奥に入れたまま動かなくなった。省吾は、焦れて自ら腰を振り始めていた。
「あれ〜っ、省吾さん、自分から腰振って強請ってますよ・・・、止めて欲しいなら自分から動いちゃだめでしょう!」
「おらっ、正直になりな!本当に止めて欲しいなら、止めるぜ・・・」
「あああっ!ちっ、チンポ扱いてください!優生、おれのチンポ扱いて!扱いてください!尚人っ、俺のケツ、ケツをガンガンに掘ってっ!掘り倒してください!」
「じゃあ、仕方ねえな!」
「ぐああああああっ!すげえっ!良いっ!チンポもケツも良いっ!逝きそうっ!優生、俺っ、俺逝っちゃうよ!逝くよっ!逝くっ!!!!!!」
「省吾さん、締めないでっ!すげえっ!俺も、逝くっ!省吾さんの奥に、逝くぞっ!!!!!!」

「頼む、縄解いてくれっ!優生っ、尚人、頼むから縄解いてくれっ!」
 ゼイゼイと肩で息をしながら、省吾は優生と尚人に頼んだ。
「えええええええっ?自分だけ楽しんで、それはないっしょ!俺はまだ逝ってないから、省吾のケツ使わせてもらうぜ!」
 そう言うと、優生も服を脱ぎ捨て素っ裸になった。脂肪の少ない、水泳選手のような筋肉質の身体をしていた。
「なら、俺は省吾さんのデカマラ楽しませてもらおう!優生さん、一旦省吾さん寝かせましょう!」
 2人は省吾を抱え平らな石の上に寝かせた。そして省吾の勃起したままのチンポの上から尚人が跨がってきた。
「すげえっ!省吾さんのチンポすげえっ!当たる、こんな奥まで当たってるっ!やべっ、漏れそうっ!」
「なに、また2人だけで楽しんでるんだよ、俺にも省吾のケツ掘らせろよ!」
「んじゃ、仕方ないなあ・・・、ほらっ!」
 尚人は省吾の上に覆い被さると、省吾を抱いたままクルリと一回転した。そして、そのまま省吾のケツを優生が掘り始めた。
「あああああああああっ!省吾さんすげえっ!優生さんの掘りが俺まで伝わってくるっ!省吾さんと優生さんの2人に犯されてるみたいだ・・・」
「があっ!すげえええええええっ!チンポも、マンコの良いっ!優生のチンポが当たってるっ!があっ!そこっ、そこが気持ち良いっ!」
「省吾、本当に尚人言うとおりのマンコだな・・・すげえよ!俺のチンポ握って離さねえよ!すげえっチンポ良いっ!」
「省吾さん、すげえっ!奥が、奥がすげえとこ当たってるっ!もう小便だかザーメンだか判らないのが漏れてるよお・・・」
「チンポ良いっ、ケツも良いよっ!あああああああああっ!だめだっ!逝きそうっ!逝くっ!逝くっ!!!!!!」
「すげええええええっ!省吾、チンポ、チンポ握るなっ!があっ、俺も逝くっ!逝くぞっ!逝く・・・・」
 それぞれが逝った瞬間、3人は、そのまま重なりあった。3人の激しい息づかいだけが響いていた。優生は、身体を起こすと、省吾の身体を後ろから抱きしめ、省吾を立たせると、省吾の縄を解き始めた。尚人も、立ち上がると、省吾の縄を解くのを手伝った。省吾の縄が解けると、ます優生が省吾を抱きしめ長いキスをした。尚人に肩を叩かれ、優生と離れると、次は尚人が省吾に飛びついて来た。そして尚人とも長いキスをした。
nice!(0)  コメント(0) 

(妄想小説)農奴 第4話 [妄想小説]

「源太さん、今日はありがとうございました!なんか、剛士の本性丸出しな姿見てたら、ド変態でドエロいんだけど、逆に格好良かったです。俺も、まだまだだけど、少し開き直って、欲望に正直になれそうな気がしてきました!」
「いや!いや!本当は、お礼を言わなくちゃならねえのは、俺の方なんだ!剛士は、こんなど変態野郎なんだけど、タイプにメチャクチャ弱いんだ!タイプじゃねえ奴ら相手だと、どこまでもド変態な姿晒すんだけど、先生みたいなタイプの前じゃ、えれえ緊張しちまって!特に先生には、本気で惚れてるみたいだから・・・。それが今日で乗り越えられたように思う!こいつから積極的に腕突っ込んでくれって言えたってことは、こいつの中の壁乗り越えたんじゃねえかと思うんだ!」
「あの時は、本気でそう思ったから・・・。タイプの前じゃあ、つい先に照れが出てしまって・・・」
「どうだい、先生も一つ壁越してみねえか?先生がその気なら、手伝ってやるぜ!」
「えっ?どうやって・・・?」
「作戦ばらしちゃあ、元も子もねえだろ?じゃあ、その気になったら次の土曜日、晴れたら、小渕の滝の横の空き地に午前10時に来な!嫌なら、来なきゃ良い!」

 源太から言われた土曜までの間、省吾は考え続けた。俺も剛士のように自分を解放できるんだろうか?確かに開き直った剛士は、これまで省吾の知るどんな剛士より格好良かった。自分もそうなれるのか・・・。そしてそのために源太は、自分にどんなことをしようとしているのかを考え想像すると、チンポが勃起し、寝付けない夜が続いた。そして土曜日、結局気持ちが焦り、午前6時に目が覚めた。
 午前9時30分には、指定された滝の横の空き地に着いた。10時前に源太が、素っ裸のままの剛士を軽トラックに乗せて連れて来た。
「覚悟は決まったかい?なら、何が起こっても俺を信じられるか?いざとなったらいつでも助けに行く、俺を信じて任せられるか?」
「はいっ!源太さんと剛士を信じます。俺の欲望を解放させてください!」
「なら、ここで素っ裸になりな!」
「えっ、ここで?だってここは、結構水遊びの子どもや岩魚釣りの人、観光客が来るし・・・」
 そう言いかけて、省吾は源太の目を見た。省吾は、だまって素っ裸になった。源太は、素っ裸の省吾を連れて滝壺の横に立たせると、持って来た荒縄で省吾の身体を縛り上げた。そして大きめの布で頭をグルグル巻きにし目隠しした。やっと口だけが出ている状態だった。そしてさらに源太は別の布で省吾に口枷を噛ませ、靴紐で省吾の金玉と竿を縛り分けると、金玉に重りをぶら下げた。
「んじゃあ、ワシは左の林の中から、剛士はすぐ隣の右の岩陰から先生の様子をビデオカメラで撮影してるんで、せいぜい楽しみな!」
 そう言うと、源太と剛士の足音がそれぞれ左右に分かれて消えていった。素っ裸でチンポを勃起させたままで放置された。滝の水飛沫と鳥の声、風に揺らぐ木々の音だけの静寂が訪れた。だが省吾の心の中では誰かが来て、素っ裸のまま縛り上げられた自分の姿を見られるかもしれないと思うと、緊張と同時に興奮が襲い、心臓がドキドキと脈打って来た。しばらくの間静寂が続いた後、その静寂を破って遠くから車の来る音が聞こえてきた。そしてその音は、滝の隣の駐車場に止まったように聞こえた。
「だっ、誰か来たっ・・・。源太さんっ、誰か来たよ!たっ、助けてっ!見られちゃうよ!俺のことバレちゃうよ・・・」
 源太や剛士も気がついていないのか、誰も助けに来なかった。

「あれっ、おい!誰か素っ裸で立ってるぞ!」
 最初に聞こえたのは農協に勤める佐藤優生の声だった。
「おい!しかも縛られてるぞ!助けに行こう!」
 隣町の中学の体育教師の伊藤尚人の声も聞こえた。2人が走ってくる音がした。

「こっ、来ないでくれっ!頼むっ!こっちに来るなっ!」
 そう心で祈ったが2人の足音はどんどん近づいた来た。

「えっ?えええええええっ?素っ裸で縛り上げられてるのにチンポ勃ってるぜ・・・」
「あああっ!本当だ!何だよ!事件かと思ったら変質者かよ・・・。でも良い身体してるなあ・・・」
 2人は、近づくと省吾の身体を触りだした。乳首を摘ままれ撫でられるとチンポがぴくりと反応した。
「おもしれえから、記念写真撮っちゃおうぜ!まずは俺な!はい、ピース!」
「あっ、じゃあ俺も!はいポーズっ!」
「それにしても、こんなことされてるのにずっとチンポ勃起したままだぜ!どんだけど変態なんだよ!」

「やっ、やめてくれっ!こんな恥ずかしい姿、写真に撮らないでくれっ!」
 そう思いながらも、省吾のチンポの先からは先走りがタラタラと垂れ続けていた。

「んでもよ、このガタイ、省吾に似てないか?」
「えええええええっ?まさか?????目隠し取っちゃおうか?」

「やっ、やめてくれっ!頼むっ!頼むから・・・止めて!!!!!」
nice!(0)  コメント(0) 

(妄想小説)農奴 第3話 [妄想小説]

「剛士見てくれっ!俺の、俺のど変態なズリ見てくれっ!チンポも乳首もケツも感じるんだよ!あああっ、剛士もっと見てくれっ!」
 省吾のいんらんな姿を見て、剛士は涎を垂らしながら、ずりずりと省吾に近づいたきた。そして省吾のチンポに舌を伸ばせば届くぐらいまで近づいた。そして省吾のチンポや、ケツの穴、そして涎を垂らしながらチンポを扱く省吾の顔をじっと覗いてきた。
「省吾!エロいよ!チンポも、ケツの穴も、俺はずっと見たかったんだ!すげえよ!いやらしいよ!省吾、俺にお前のチンポしゃぶらせてくれっ!お前のケツの穴舐めさせてくれっ!お前の淫乱な姿見てたら、おれっ、俺っ、もう我慢でねえよ!」
「剛士、もっと見てくれっ!俺もお前と同じどMの変態野郎なんだ!だから、もっと俺のスケベなズリ見てくれよっ!」
 剛士は、さらに近づくと片手で省吾の足を上げ、顔を省吾のケツの穴に近づけ、そして省吾のケツの穴を舐め始めた。
「剛士っ、そ、そこは汚ねえよ!洗ってねえよ!あああああああああっ!そ、そんな奥まで舌入れたらっ、剛士、だめだよ!汚ねえよ!あああっ、気持ち良いよ!逝きそうだよ!ケツが気持ち良くて逝きそうだよ・・・」
「逝くなら、俺に飲ませてくれっ!お前のザーメン飲ませてくれっ!」
 そう言うと、剛士は省吾のチンポにしゃぶり付き、ズボズボと嫌らしい音を立てながら吸い付いた。
「チンポ良いよ!剛士っ!逝くぞっ!逝くぞっ!逝くっ・・・・!」
 省吾のザーメンをゴクリと飲み干すと、剛士は舌なめずりをした。そして省吾は、そんな剛士の頭を抱くと、剛士の口に舌を入れた。剛士も省吾の舌を吸い返した。
「なんだよ、雌豚同士の愛情って奴か?ダラダラと甘くて見てらんねえなあ・・・ほらっ、剛士!種付けんぞ!」
「があっ!すげえっ!おやじも、今日はすげえよ!があああああっ!漏れるよっ!おやじ俺の奥に種くれっ!濃くて臭せえおやじの種くれっ!があっ!当たってるッ!当たってるよ!おっ、俺も逝くッ!逝くううううううっ!」
 そう言うと剛士は藁の引かれた床に自分のザーメンを飛び散らした。そして、精根尽き果てたように、倒れこんだ。
「な〜に、甘えたことしてんだよ!お前のド淫乱な本性じゃ、まだまだやられたい癖におらっ四つん這いになりな!」
 源太は、剛士のケツにゴム長で蹴りを入れると、剛士をもとの四つん這いに戻させた。剛士は、ゼイゼイと肩で荒い息をしていた。
 源太と剛士の壮絶なプレイに、省吾のチンポはまた膨れ始めていた。
「先生っ!あんたもこいつのケツ掘ってみるかい?結構良いマンコだぜ!ただ、その前に、お前ら2人の雌豚同士の愛情とかってやらに敬意を表してやるよ!先生っ、豚や牛の種着け慣れてるよな!なら、こいつのケツに腕突っ込んでやってくれ!もう少しってとこなんだが、あんた専門だ!こいつの初めての腕になってやってくれねえか?」
 源太にそう言われ、突然のことに驚き剛士を見ると、剛士が力強く頷いた。
「省吾っ、頼むっ!俺のケツに腕突っ込んでくれっ!お前の腕なら入りそうな気がする!俺を、俺をお前の手でもっとど淫乱な雌豚に落としてくれっ!」
 源太の用意したゴム手袋を嵌め、ローションを剛士のケツに入れ、手袋もヌルヌルに濡らし、指を揃え、剛士のケツの穴に入れた。使い慣れてるのか、小さく閉じていた剛士の穴が、まるで省吾の腕に食らいつき飲み込むように広がっていった。だが、どうしても一番太い指の付け根が入らない。何度が押し引きしたが、微妙だった。
「お前の腕なら裂けたって良い!思い切って押し込んでくれっ!」
「ばかっ!後々、使い物にならなくなるじゃねえか!ほらっ、息を深く吸って〜っ、吐いて〜っ!力抜けっ!するっと入るから力抜けっ!」
 剛士が深く息を吐いた瞬間、少し隙間が開いた、省吾はそのタイミングで押し込んだ。ヌルリと剛士のケツの中に省吾の腕が入った。ゆっくりと捻り、前立腺を撫でてやる。
「があっ!すげえっ!良いっ!省吾の拳が当たってるっ・・・」
「慣らすために、一回抜くぞっ!もう1度力抜けっ、んで深呼吸だっ!」
 ズボッと言う音がして剛士の腕が抜けた。そしてすぐにローションを剛士のケツと手袋に塗りつけると、剛士の呼吸に逢わせて2度目の腕を押し込んだ。
「があっ!すげえっ!あっ、逝っちゃうッ!漏れるっ!逝くっ!逝くうううううううう!」
 腕を押し込んだ瞬間、剛士のチンポの先からザーメンが飛んだ。その瞬間、痛い程の力で剛士のケツが省吾の腕を締め付けた。力が抜けてきたところで、更に奥に押し込んだり、腕を捻ったりした。その度に剛士は小便やらザーメンやらを飛び散らせた。
「ほおっ、さすが上手いもんだ!先生、これでどSのタチならなあ・・・、ニーズはいっぱいあるんだけどなあ・・・。なんせどMだらけだもんなあ・・・」
nice!(0)  コメント(0) 

(妄想小説)農奴 第2話 [妄想小説]

「昔っから、誰かに覗かれたいって願望があったと思います。だからこそ、身体も鍛えたし・・・。ただ、そんな自分が怖くて、この村に逃げてきたのかもしれない。都会じゃあ、もう自分の事を抑えきれなくなってたから・・・」
 源太に扱いて逝かされた後、川で身体を洗うと、省吾と源太は、河原に並んで腰を降ろした。
「男の性癖なんて、ほんと色々なもんさ!ノンケのくせにケツ掘られたい奴だっているし、女の格好したがる奴だっている。悲しいかな、頭でいくら押さえようって思ったって、悲しいかなチンポは正直さ!なら正直に生きる方が良くないか?他人に迷惑掛けない範囲で楽しいだもん勝ちだよ!なあ来週の日曜日、午前9時にうちの牛舎来ないか?面白いもん用意するぜ!」

 先週、源太に河原で言われてから、省吾はずっと考え続けてきた。自分の欲望に素直に生きることができるのか?できることなら欲望に素直に生きてみたいとは思う。だがこれまで何十年も隠し続けて生きて来た自分がそんなに簡単にその壁を乗り越えられるのだろうかと・・・。そして同時に、日曜日に面白いものを用意すると言った源太の言葉が、ずっと頭の中に残っていた。
 日曜日、午前9時に河野畜産の牛舎に行くと。正面のシャッターは降りていたが、隣の扉が開いていたので、そこから中に入った。
「河野さん!河野さん!あれっ?誰もいないのかな?????」
「おう!こっちだ!先生っ!こっちだよ!」
 源太に呼ばれて牛舎の奥に行くと、そこには全裸で縛り上げられ、鼻輪を着けられ牛のように柵に繋がれた剛士がいた。その姿は牛と言うより熊という感じだった。そして、剛士はそんな姿のまま繋がれているにも関わらず腹を打つ程、チンポを勃起させていた。その横に、源太も素っ裸のまま手に鞭を持ち立っていた。作業着姿の源太は、ちょっと小太りなオヤジと言う感じだったが、こうして素っ裸を見ると、鍛え上げた筋肉に覆われたごつい身体で、二握りもありそうなデカマラを隆々と勃起させていた。
「これが、こいつの本性だよ!どMで誰かに、虐められたいといつも思ってる。もちろん先生にだって、本当は虐めて欲しいとね・・・。一応、目隠しと耳栓してあるから、先生来たことは判らないはずだ!ただ、誰かが来たことぐらいなら雰囲気で判ってると思う。その証拠に、ほらっ他人に見られるのは恥ずかしいと口では言いながら。チンポの先からこんなに汁垂らして・・・。そしてそんなこいつを泣きが入るぐらい責めて虐めたいのが俺さ!ほらっ、先生もこいつ鞭打ってみるといい!」
 源太にそう言われ、省吾はその場で服を脱ぎ素っ裸になると、柵の中に入った。そして源太に渡された鞭を手にした。親友を鞭打つ。抵抗があったが、源太の言葉に従い、剛士のケツを思いっ切り鞭打った。
「うぎゃっ!やっ、やめてください!鞭、鞭だけは止めてください!」
 剛士は、そう言いながら身体を逃がしたが、相変わらずチンポの先からは先走りが垂れ続けていた。
「どうだい、先生っ!鞭打った感じは?意外に気持ち良いもんだろ?それに、ほれこいつのチンポ!嫌だ!止めてと言いながら、もうこんなに勃起しやがってる・・・」
 源太が足で剛士の片足を持ち上げると、今にも逝きそうな程、剛士のチンポはピクピクと頭を振っていた。
「なんだろう・・・。剛士を鞭打つなんていけない事だと思いながら、ゾクゾクする快感がありますね・・・」
「もっと打ってみたいか?それとも本当は自分が打たれてみたいんじゃねえか?(笑)」
「本当は、自分が打たれてみたいかもしれません・・・」
「ほれっ、その証拠にいま俺に鞭で打たれるって言われた途端に、先生のチンポ勃起したもんな・・・」
「自分が鞭打たれること想像するだけで・・・」
「まあ、まあ、それは追々な!今日は、とことんこいつの本性を先生に知って貰うのが目的だ!その勃起したチンポこいつの口に突っ込んでやってくれ!」
 源太に言われ剛士の口に勃起したチンポを押しつけると、剛士は自分から省吾のチンポをジュルジュルと旨そうにしゃぶり始めた。源太は、剛士の後ろに回ると、剛士のケツにデカマラを押し込むと、腰を振り出した。
「先生っ、剛士の耳栓と目隠し取ってやりな!あいつの反応が楽しみだぜ!」
 省吾は、剛士にチンポをしゃぶらせながら、剛士の目隠しと耳栓を外した。それにも関わらず剛士は、必死で旨そうに省吾のチンポをしゃぶっていた。
「剛士っ!俺のチンポは旨いか?」
 省吾が、そう言うと一瞬剛士の動きが止まりそして省吾を見上げてきた。
「うおおおおおおおっ!ち、ちが、違うんだ省吾っ!おっ、俺っ!」
 省吾は、思いっ切り剛士の頬を打った。
「言い訳はいつでも聞くから、ほらしゃぶれ!」
 省吾に頬を打たれ、うなだれていた剛士は省吾にそう言われると、もう1度省吾を見つめてきた。そして省吾が頷くと、もう一度省吾のチンポをしゃぶってきた。さっきまでと違う、ねっとりと絡むようなしゃぶりだった。
「先生も、優しいなあ・・・。もっと動揺させた方がおもしろいのに・・・(笑)」
「うがっ!すげえっ!おやじっ、ケツがケツが良いよっ!もっとガンガンに突いてくれッ!俺のマンコに種付けしてくれっ!チンポ、旨えっ!省吾のチンポ旨えよ・・・」
 剛士の中で、何かが解放されたのか、これまで押し黙ってた剛士が、突然叫び出した。そして腰を振り、源太のチンポを強請り、省吾のチンポに吸い付いた。
「先生っ!これが本当の剛士さ!いやっ、もっとド変態でドエロなのがこいつだ!あんたは、どうなんだ?」
 源太にそう言われ、剛士のド淫乱な本性を目の当たりにし、省吾も、自分のど変態で淫乱な姿を剛士に見て欲しいと思った。省吾は、剛士の口からチンポを抜くと、剛士から1mほど下がりしゃがみ込むと柵にもたれながら、剛士の目の前で乳首を弄り、ケツを弄りながら剛士に見せつけるようにチンポを扱いた。
nice!(0)  コメント(0) 

(妄想小説)農奴 第1話 [妄想小説]

「おおい!剛士っ!剛士はいないのか?・・・あれっ?おかしいなあ・・・」
 宮崎省吾は、頼まれた薬を持って武田剛士の勤めている河野畜産の牛舎を訪ねてみたが、どこにも剛士の姿はなかった。外かと思い、牛舎を出て、牛舎の横の畑に行ったが、そこにも剛士の姿は見えなかった。牛舎の裏に回り込もうとした時、省吾は、はっと気がつき、すぐに牛舎の陰に隠れた。
「つっ、剛士・・・」
 素っ裸に剥かれ縄で縛り上げられ牛舎裏のサイロにつり下げられた剛士のチンポを河野源太が扱いていた。180cmを越える大柄な剛士は、8年程前に、源太の長男の将大が通う閉校寸前だった村の小学校の先生としてこの村に移り住んできた。そして将大が卒業し、小学校が閉校になると、この村から離れたくないと教師を辞め、源太のところで5年程前から働いていた。年格好が近く、数年の違いでこの村にやって来た省吾と剛士は、お互いに都会育ちという共通点もあって、すぐに仲良くなった。そう言えば剛士は、子どもの頃に始めたという柔道を今でも続けていると言っていた。その逞しく熊のように毛深い剛士が縛られ吊られている姿は、妙にエロチックで、省吾は思わずチンポを勃起させてしまった。今年46歳になる源太も、作業着の上半身を脱いだ姿は、普段の印象と違い、逞しく、男の色気がプンプンと漂っていた。

「おらっ、ど変態が!真っ昼間から、吊られて嬉しいか?こんなに先走り垂らしやがって・・・」
「おっ、おやじっ・・・。もうすぐ省吾が来ちゃうよ・・・。省吾に見られちゃうよ・・・」
「はっ?本当は、自分のこのいやらしい姿を省吾に見られたいくせに・・・。ド変態な自分を知って欲しいくせに!」
「だっ、だめだよ・・・。省吾に見られること考えると・・・。俺、逝っちゃうよ!逝きそうになるよ!」
 見てはいけないものを見てしまった。妙に心臓の鼓動が激しくなり、チンポも痛い程勃起してしまった省吾は、剛士と源太の真っ昼間からの絡みを覗き見しながら、思わず自分のチンポを引っ張り出すと扱いていた。そして2人の姿を覗きながら、ザーメンを飛ばしてしまった。逝ってしまうと、省吾は親友の淫らな姿に興奮し逝ってしまった自分を恥じ、その場をこっそり後にした。
「薬を持って訪ねて来ましたが、ご不在のようだったので、扉の裏に薬置いています。使用法など詳しくは、携帯まで電話ください。宮崎省吾」
 牛舎の入口にメモを残して、河野畜産の牛舎を後にした。

 省吾がこの村に来て、もう10年近くが過ぎようとしていた。幼い頃、父親の友人の農家に泊まった時、生まれて初めて牛に触った。自分の何倍も大きい牛が、優しい目をしているのを初めて知った。その時のことがずっと頭にあり、省吾は獣医になった。そしてその傍ら、自分でも肉牛数頭を飼いながら、この村で獣医として勤め始めた。都会育ちの省吾にとって、この村の生活は、新鮮でいつも新しい発見があった。その一つが川遊びだった。清らかな清流の流れは、いつも省吾を落ち着かせてくれた。省吾は、この村に来てから、暇さえ有れば、川で泳ぎ、魚を釣り、河原でのんびりとひなたぼっこを楽しんでいた。この日も、河野畜産から自宅へ帰る途中、素っ裸になると川に飛び込んだ。さっき見た源太と剛士の姿が頭から離れなかったからだ。人の性癖は、それぞれだ。自分だって、どこか自分のいやらしい姿を誰かに覗かれたいと言う願望を持ってる。必死に打ち消そうとすればする程、はっきりと剛士のいやらしい姿が思い出され、省吾は素っ裸のまま上流に登ると、いつもの秘密の河原で、さっき見た光景を思い出しながらチンポを扱いた。

「ほらなっ!あいつも所詮は、露出好きのどM野郎さ!俺の見立てに間違いはない!今頃、どっかで思い出しながらチンポ扱いてるさ!」
 省吾がこっそり隠れて覗いていることを、源太は気づいていた。いや、本当は覗かせたと言う方が正しい。源太の思惑どおりに、省吾は覗き、そしてここでチンポを扱き、逝った。その証拠に省吾のザーメンが、藁の上に飛び散っていた。
 剛士をサイロの下で責め、扱いて逝かすと、縄を解き、作業に戻らせた。そして牛舎に戻ると省吾のメモがあった。源太は軽トラックを飛ばすと、省吾の後を追った。途中の渓流の流れる川の土手の上に省吾の車を見つけ、川に降りていったが、河原に省吾の姿は見つからなかった。
「人目に付きにくい場所でズッてるはずだ・・・なら・・・」
 川を遡り少し上がったところで、少し窪んだ河原があった。そしてそこで省吾が素っ裸でチンポを扱いているのに気がついた。
 源太は、省吾の向かいの林の中に分け入ると、省吾の正面の岩の陰から覗き、省吾がチンポ扱いてる姿を持って来たビデオカメラで撮影した。ひとしきり撮影すると、すくっと立ち上がり、斜面を滑り降りると、川をザブザブと渡り、驚く省吾に近づいた。
「先生っ!先生ともあろう人が、人の睦ごとこっそり覗いて、チンポ扱いちゃいけねえな・・・。何、泥棒除けに、牛舎の外側にも防犯カメラがあってさ!先生の姿、ばっちり写ってたもんでな!口止めに追い掛けて来てみたら・・・、まさかそれ思い出して、素っ裸でまた扱いてるとは思わなかったぜ!お陰で、先生のいやらしい姿、また撮影させてもらったぜ!ありゃ、覗かれ撮影されたと聞いて、チンポさらにデカくなったんじゃねえか?汁までダラダラと垂らしてるし・・・。先生も正直になりなよ!男は誰でも、人に言えない性癖って少なからず持ってるもんさ!俺だって、剛士や先生みたいなごっつい男を嬲り倒したいって願望を、ずっと心に秘めこれまで生きてきた。8年前に剛士を見た瞬間、あいつの中のM性に気がついた時には、小躍りしたもんだ。そして、先生っ、あんたは露出好きなはずだぜ!いやらしい姿見られたくて仕方ないはずだ!どうだ?間違ってねえだろ?」
 源太は、そう言うと頭に巻いていたタオルで省吾を後ろ手に縛り、川縁に三脚を立てカメラを固定すると、省吾の真後ろに周り、省吾のチンポを扱いて来た。
「おらっ、今ビデオカメラで撮られてるぜ!このビデオ、誰に見せようかな?????まずは剛士辺りに見せようかな?あいつ、先生のこと気に入ってるしズリネタにするかもしれねえな・・・」
 素っ裸で、源太に扱かれてる姿を剛士に見られるかもしれないと思うと、さらにチンポから大量の汁が垂れた。
「あああっ!つっ、剛士ッ、俺の、俺のド淫乱な姿見てくれよ!俺は、俺は、自分のド変態な姿を覗かれ、見られたい露出好きなんだ!」
「もっと、正直になりな・・・」
「があっ!気持ち良いっ!チンポ気持ち良いっ!素っ裸でチンポ扱かれてる姿撮影されてると思うと、チンポたまんねえ・・・良いよ!良いっ!」
「本当は、もっともっといやらしい姿を間近で皆に見られたいんだろ?ほらっ、誰かもう覗いてるかもしれねえぞ・・・」
「あああっ!そんなこと言われると・・・、あっ、逝きそうっ!逝きますっ!逝くっ!逝く・・・・」
nice!(0)  コメント(0) 

(妄想小説)温泉宿 第2話 [妄想小説]

 昨夜早くに寝入ってしまったせいで、宏昌はまだ薄暗いうちに目が覚めてしまった。隣で松尾がグーグーいびきを掻きながら、布団も被らず寝ていた。起こしちゃ可哀想だと思い、取り敢えず風呂に入りに露天風呂に向かった。露天風呂への階段を降り始めた時、あのマッチョ野郎の大きな浴衣の背中が、露天風呂の手前で右に曲がるのが見えた。宏昌は、男の後を追った。男は、露天風呂の手前で右に曲がると、川に渡してあるコンクリートの小さな橋を渡り向こう岸に渡った。そして少し登った大きな木の前でいきなり浴衣を脱ぎ捨て、素っ裸になった。着ていた浴衣をたたむと帯で縛り上げると、木の根元に隠し、素っ裸のまま林の中に入っていった。木の根元には、男の履いていたスリッパも置かれていた。宏昌もそこでスリッパを脱ぐと、浴衣の懐に入れ男の後を追った。男は、左手で自分の乳首を摘まみ、右手でチンポを扱きながら歩いていた。林が切れたところで、土手を越え河原に降りた。その先に小さな滝があった。宏昌は、林の中を伝い滝の近くまで行き、木の陰から覗くと、素っ裸の男は滝に打たれながらチンポを扱き、しばらくすると河原に寝転び、両足を持ち上げ自分のケツを弄りながらチンポを扱いた。
「あああああああああっ!気持ち良いよ!誰か、誰か、俺を犯してくれっ!誰でも良いっ!俺を縛り上げ、鞭打って、俺のケツを掘ってくれ・・・!すげえ、すげえっ、気持ち良いよ!誰か、俺を犯してくれっ・・・」

 宏昌は、木の陰から、男を覗きながらチンポを扱いた。逝きそうになるのを何度も耐えながら扱き続けた。そして意を決し河原に飛び降りた。
「犯してやろうじゃねえか!お前が望むように犯してやるよ!」
 宏昌は、おどろく男に近づくと、浴衣の帯を解き男を後ろ手に縛り上げた。そして男を立たせ、滝の横の平らな岩の上で、四つん這いにさせた。そして、近くに落ちてた枝を拾うと、男を打った。
「このど変態野郎が!あん、そんなに自分の変態な姿見て欲しいか?こんなに男くさい身体してるくせに、ケツが感じるど淫乱な雌豚野郎が!雌豚なら、雌豚らしくもっとマンコ広げてお強請ししろっ!」
「いっ、痛いっ!許して、許してください!俺は、ど変態な雌豚です!俺のケツを、ケツを掘ってください!俺をもっと雌豚に落としてください!」
 男は、そう言うと両足を広げ、肛門まで丸出しにするとケツを突きだして来た。
「汚ったねえケツしやがって!おらっ、お前の好きなお仕置きだ!ありがたく受けろ!」
 宏昌は、何度も男を鞭打った。
「犯したはいいけど、糞まみれにされると困るからなあ・・・。今からお前のケツの中キレイにしてやるよ!」
 そして、男を仰向けに寝かせ、両足を上げさすと、河原から丸い石を拾い、河原の苔といっしょに男のケツに押し込んだ。
「うぎゃあっ、いっ、痛いっ!止めろッ!止めてくれっ!頼むから止めてくれっ!」
 もう既に浣腸を済ませて来たのか、男のケツはキレイだった。そしてローションかクリームが塗ってあるのか、思いの外すんなりと石を飲み込んだ。
「なんだよ!もうやる気満々で、準備してきたのかよ!さすが、雌豚やろうだぜ!じゃあ、お前のケツに何個石が入るかな?」
「がああっ!いたいっ!痛いっ!やめろ!止めてくれっ!もう、もういっぱいだ!ケツが、ケツが裂ける・・・」
 6個ほどの石を飲み込むと、もうそれ以上入らなくなった。宏昌は、男を座らすと川にケツを向けさせた。
「おらっ、卵産んでみな!雌豚のケツから卵産んでみな!全部産み落とさないと、ケツ掘ってやんねえぞ!おらっ、息むんだよ!」
「ぎゃあっ!む、むちは止めてください!産みます!産みます!産みますから・・・」
 男が息むと、じんわり男の肛門が広がり河原の丸石が見えてきた。なんどか出そうになると引っ込んだ。男は必死で息んだ!
「おらっ、ちゃんと全部出ないと、そのまま帰ることになるぜ!病院でも行って取ってもらうかい?おらっ、息むんだよ!」
 宏昌が、鞭打つと、男は真っ赤な顔で息み、最初の丸石が滝壺にぽとんと落ちた。
「やれば出来るじゃねえか!ほら、卵は後5個だ、やれっ!出来ないなら、また鞭で打つぞ!」
 男は、必死で息んだ、最初の石よりは簡単に2個目が出たかと思ったら、3個目からは1度にズルズルと3個の丸石が漏れ出た。
「よおし、じゃあケツ掘ってやろう!仰向けになりな!ンで、ケツの穴晒せ!」
 男が仰向けになり、両足を上げると、男の肛門がヒクヒクと動き始めた。
 宏昌は、一気に勃起したチンポを押し込んだ!
「ぐぎゃ〜っ!で、でかいっ!裂けるっ!裂けるっ!ぐおっ・・・ああん、すげえっ!こんなの初めて・・・すげえっ!チンポが奥をかき回してる・・・良い、良いよ!」
「なにが裂けるだ!簡単に飲み込んでるじゃねえか!ずぼずぼの淫乱雌豚野郎のくせに・・・おおおっ、締めてきやがった。すげえ、締まるっ!良いぞ!もっと締めろっ!」
 宏昌は、ケツをガンガンに掘りながら男のチンポを扱いてやった。
「あああっ、すげえ!良いよ良いよ!がっ、だめだよ!逝っちゃうよ!逝きそうだよ!逝くッ!逝くっ!逝く!」
「ちきしょう、無茶苦茶締まるケツだぜ、おおおおっ!来たっ!おらっ、お前のおマンコの奥に種付けするぜ!孕むなよ!逝くぞっ!逝くッ!逝くうううううっ!」
 2人が同時に逝くと、しばらく抱き合ったまま、岩の上で寝転んだ。もうすっかり夜が明けようとしていた。宏昌は、男を拘束していた帯を解くと、男の手を取って立ち上がらせた、そして2人で素っ裸のまま、元来た道を戻った。

 川の手前で、木の根元に隠した浴衣を男が着始めると、宏昌も持って居た浴衣を着て、帯を締めた。あっ、パンツを忘れたと思ったが、まあ良いかと諦めた。宏昌が、男を抱きしめキスをすると、男も抱き返しキスを返してきた。川の手前まで2人で手を繋いで歩いた。そして、2人で露天風呂に向かった。身体を洗い、露天風呂に浸かり、身体が温まると、2人で露天風呂の湯船の縁に腰掛けた。
「俺、古川弦太郎って言います。28歳で東西市住んでます」
「えええっ?東西市なんだ、おれ隣の関西市。今年32歳。でも良い身体してるよね!」
「高校の時から鍛えだしたら止められなくなっちゃって・・・。兄貴も、凄いガッチリしてますよね!何か運動でも・・・?」
「俺は、子どもの頃から柔道してたから・・・。でもまた、何で素っ裸で?」
「確かに柔道やってたって感じっすね!素っ裸は・・・。なんか、昔っから願望あったんすよね・・・。大自然の中で素っ裸になりたいって・・・。実を言うとここ何度も来てて、だけどやる勇気なくて・・・。今回か初めてなんすよ、実際に素っ裸になったの・・・!でも素っ裸で大自然の中にいると、気持ち良くなってきて、ついやりたくなっちゃって・・・。そしたら・・・」
「そしたら・・・、犯されたってか?(笑)」
「まあ・・・。また今度逢えますか?」
「お前次第・・・って格好つけちゃったけど・・・、俺はやりたい!実は今日みたいな事、俺も初めてなんだ・・・。だけど、すごく興奮したし・・・、もっともっと弦太郎のこと虐めてみたくなった・・・」
「もっともっと虐めて、本当の雌豚にしてください!」
 2人は、また軽くキスをした。その時、ほかの客が来たので、2人は分かれた。宏昌の脱衣カゴに弦太郎の携帯番号とメアドが書かれたメモが入っていた。
(終わり)
nice!(0)  コメント(0) 

(妄想小説)温泉宿 第1話 [妄想小説]

「おい!由佳里ちゃんが退屈してるぞ!ほらっ、場が白けるからさ、もっとご陽気に・・・」
 俺たちは、会社の同期10人で山奥の温泉宿に来ていた。入社以来、毎年一度こうして同期全員で温泉旅行をするのが恒例行事になっていた。そしてその際の宴会には、贅沢に1人づつにエロコンパニオンを頼んで、日頃の憂さを晴らしていた。今回の幹事の松尾は、同期の中では一番仲が良かった。いつもなら、久しぶりの気兼ねいらずの旅行に、加藤宏昌は誰よりもノリノリのはずだった。だが食事が始まり、女将の挨拶が終わって、地元のエロコンパニオンのお姉ちゃん達が来る前から、宏昌はいつになくに大人しかった。宏昌は、さっき大浴場の露天風呂で出会った男のことが妙に気になっていたのだった。
 この温泉宿は、湯本に一番近い山の中にあり、温泉宿が密集している駅に近い川沿いとは異なり、深い森に囲まれた中に建てられていた。宿の裏には、駅前の川に続く渓流が流れており、露天風呂は、その川沿いの眺めを楽しみながら入れるようになっていた。10人は、駅に迎えに来てくれた宿のマイクロバスに乗り宿に到着すると、すぐに浴衣に着替え、ロビーから1階分下の川沿いに建てられた風呂場まで降りて行き名物の露天風呂を楽しんだ。到着時間が早かったこともあり、風呂には先客が1人いるだけだった。
 身体を洗い、ワイワイ言いながら皆で露天風呂に向かいお湯に浸かった。先客は、まるでボディービルダーのような体格の男で、ずっと湯船に浸からず湯船の縁に腰掛け、片足を川側に投げだしブラブラさせながらじっと川を見ていた。同期のメンバーは、今晩の予定やここの景色、仕事のことなどワイワイしゃべりながら楽しそうに浸かっていた。
「なあ、あの男、チンポ勃起させてねえか?」
 宏昌の隣で風呂に浸かっていた松尾が、小声で聞いてきた?
「えっ、そうか?今夜エロコンパニオンでも雇ってるんじゃね?それ想像して・・・(笑)まあ、別に見たくなきゃ見なければ良いだけのことさ!」
「まあな・・・!でもばっちしの景色に、良い風呂だっ!この宿にして良かった!お前も俺に感謝しろよ!」
「はい!はい!ご苦労さまでした!っつうて、今回の評価は、この後の食事と宴会次第だぞ!(笑)」
 そう言いながらも宏昌は、そのマッチョな男が妙に気になった。何故なら松尾が言ったとおり、男のチンポは、完全に勃起し先走りが垂れていたからだった。しかも2握りもありそうな程の大きさだった。
「周りに俺たちがいるのに、気にならないのかなあ・・・」
 単純な、疑問だった。その男のことがずっと気になっていた。

「こらっ、宏昌!頼むぜ!お前がのらなきゃ、みんな調子狂うじゃねえか・・・」
「ごめん、ちょっと俺、先に部屋戻って、風呂でも入ってくるわ・・・。由佳里ちゃんは、お前がなんとかしてくれ!もち、2次会以降の分は割り勘でOKだから・・・。ごめん!」
「おい!宏昌っ・・・!・・・。宏昌、調子悪いから部屋戻るって・・・。ごめんね由佳里ちゃん・・・」

 宏昌は、どうも気になって部屋に戻るとタオルを持って、またあの露天風呂に向かった。到着した客達は、丁度食事の時間帯で、普通なら誰も風呂にいないはずだった。だが、風呂に着くと脱衣場入口に一組のスリッパが並んでいて、脱衣カゴが一つ使われており、カゴの中には浴衣と帯しか入ってなかった。あの男かもしれないと宏昌は期待した。
「誰だろ?あのマッチョ野郎かも・・・。でもパンツ無いって事は、部屋からノーパンで来たって事?????」
 タオルで股間を隠し、露天風呂に向かうと、浴槽には誰も入っていなかった。
「んじゃあのカゴ、誰が使っていたんだろ?」
 不思議に思いながら、あのマッチョな男が腰掛けていた場所に行き、同じように腰を掛けた。すると、左の川岸の方に人の気配を感じた。山の日没は早く、もうすっかり日が落ちて明かりもなく真っ暗な川岸だったが、宿の部屋から漏れる明かりを頼りに、暗闇に目を凝らすと、左側の岩場の前で、あのマッチョな男が半分川に浸かりながら、雁太のデカマラを扱いていた。宏昌の心臓が早鐘のようにバクバクと鳴り始めた。
 宏昌は、そっと湯船から50cmほどの河原に降り、宿の土手沿いに手探りで、男に近づき岩陰から男の様子を伺った。
「すげえっ!気持ち良いよ!誰か、誰か俺のスケベな姿見てくれよ!俺を変態だとなじってくれよ!良いよっ!チンポ気持ち良いよっ!ちきしょう逝っちまいそうだ!逝くぞっ!逝くぞ!逝くっ・・・」
 宏昌の目の前で男がザーメンを飛ばした。それは、川向こうの土手まで届きそうなほど飛んで、ボタボタと清流に落ちていった。逝ってしまうと男は、素っ裸のまま、川を下流の露天まで泳ぐと、露天風呂の湯船から登り消えていった。
 宏昌が、男の立っていた岩の近くまで行くと、川の中の岩の上に男のザーメンが残っていた。宏昌は、一気に高揚し思わず男のように川に浸かると男のチンポを扱く姿を思い出しながら自分のチンポを扱いて逝った。そして、元来た土手沿いの道を戻り露天風呂に戻った。そしてしばらく露天風呂に浸かった。目の前の渓流を、マッチョ野郎の白いザーメンが一瞬流れたような気がした。脱衣場に戻るとあのマッチョ野郎が、まるで宏昌の帰りを待っていたかのように洗面台のところにじっと座り待っていた。そして宏昌が着替え始めると、すくっと立ち上がり、宏昌の方を向いてじっと宏昌を見つめて来た。男の浴衣の股間は、勃起した男のチンポのせいで盛り上がり、その隙間から男の股間が僅かに見えた。宏昌は、男に軽く会釈をするとそのまま部屋に戻った。
 同期の連中は、コンパニオンのお姉ちゃん達と宿の1階のカラオケか、近所のスナック辺りで飲んでいるのか、若しくはお姉ちゃん達としけ込んでいるのか、深夜になっても戻らず、いつの間にか宏昌は寝ていた。
nice!(0)  コメント(0) 

(妄想小説)素っ裸の労働現場 -体育教官室で脱ぐ男 第5話 [妄想小説]

 しばらくして爺さん連中が、いなくなったかと思うと、トイレに据えた臭いが漂い始めた。どうやら川村が浮浪者達を集めて来たようだ。小便器に縛り付けられていたロープが解かれると、今度は、四つん這いになるよう命令された。
「兄貴っ、本当にこいつのケツ掘って良いんですか?」
「ケツだろが、口だろうが、好きに使ってやってください!結構、極上のマンコ持ってますよ!」
「おおおおっ!穴掘るの久しぶりだぜ!この際、男だろうとなんだろうと構わしねぇ!やらせてもらおうぜ!」
 そう言うと1人の浮浪者が登吾のケツの穴に勃起したチンポを押し入れ、腰を使い出した。
「おおおっ!本当だっ!すげえ、締まるっ!こりゃ、女より良いかもしれねえぞ!おおおっ、良いっ!あがっ、だめだもう持たねえっ!ちきしょう久しぶりだってのに、もう逝きそうだ!」
「何度でも掘ったら良いじゃないですか!一発抜いてからの方が、あと長持ちしますよ!朝までは、まだまだ時間がありますから・・・」
「そっ、そうか?じゃあ、取り敢えず一発抜かしてもらうぜ!があああっ!良いっ!逝くぞっ!逝くっ・・・・」
 登吾のケツの奥に、ザーメンが打ち付けられた。
「俺、チンポ洗ってねえけど、本当にしゃぶってもらっても良いのか?」
「どうぞ!どうぞ!きっと喜ぶはずです!」
 川村がそう言うと、チン滓のべっとり付いたチンポが口に押し込まれた。
「おらっ、まずは舌で舐めてきれいにして差し上げろ!しゃぶんのはそれからだ!」
 登吾は、嘔吐きそうになるほど臭いチンポにこびりついたチン滓を丁寧に舌で舐め上げた。何度も舐める内に、こびり付いた滓が溶け始め、さらに臭いがきつくなった。嘔吐くのを押さえながら舐め続ける内に登吾のチンポも勃起し始めた。ようやくキレイにすると、登吾は浮浪者のチンポをしゃぶり始めた。
「うおおおおおおっ!すげえっ!この兄ちゃん上手めえぞ!そんじゅそこらの女より、上手めえ!良いよ!気持ち良いっ!」
「おい!早くしてくれよ!俺、もう辛抱できねえよ!」
「ケツ使ったらいいじゃないですか!しゃぶらせたかったら、先にケツ掘って逝ってから、舐めてきれいにさせたら良いっすよ!」
「えっ、ケツ掘った後だぞ?良いのか?」
「大丈夫っすよ!好きに使ってください!おらっ、良いだろ?」
 登吾は、チンポをしゃぶりながら、何度も頷いた。
「んじゃ、ケツ掘らせてもらうぞ!」
「ぐふぉ・・・。ふぁあっ、すっ、すげえっ!ふぇつ、ふぃいいっ!」

 何人もの浮浪者達にケツを掘られ、ケツの奥にザーメンを打ち付けられた。また汚れてチン滓のこびりつたいチンポや、ケツを掘った後のチンポを何本も舐め、しゃぶらされ口の中にも大量のザーメンを流し込まれた。
「もお良いんですか?まだまだ時間ありますよ!」
「いや〜っ、もう俺たちがもたねえ・・・。久しぶりに何発も抜いたからなあ・・・。気持ち良かったぜ!ありがとうな兄ちゃん」
 そう言うと、浮浪者達は、登吾の頭を撫でた。
「また連れて来ますから、その時も好きに使ってください。じゃあ折角だから、ご褒美にこいつに小便掛けてあげてください!小便が大好物なんですよ!おらっ、雌豚っ、小便掛けてもらいながら扱いて逝きな!」
「えええええええっ?小便好きなんか?変わってるなあ・・・。まあ、小便で良いなら、出せるぜ!」
 浮浪者達は、登吾を取り囲むと一斉に登吾に向かって小便を掛け始めた。登吾は、口を開け小便を飲むと、零れた小便を身体中に塗りつけながら、チンポを扱いた。
「すげえっ!小便、臭せえっ!良いっ!暖かくて、臭くて良いよ!あああああああああっ!もう逝きそうっ!逝って良いですか!逝きますっ!逝くっ・・・・」
 登吾の顔や胸、腹に自分のザーメンが飛び散った。登吾は自分のザーメンを、小便まみれの身体に塗りつけた。登吾は、幸せだった。
(終わり)
nice!(0)  コメント(0) 

(妄想小説)素っ裸の労働現場 -体育教官室で脱ぐ男 第4話 [妄想小説]

「よおく躾けられてるなあ!ところで、この兄さんのセンズリ明るいところで見たいんじゃが、無理かな?」
「この汚い雌豚のセンズリですか?良いっすよ!きっと雌豚も、その方が喜ぶでしょう!何なら、今ここでやらせましょうか?」
「おおおおっ!良いんかい?こんなごっつい身体した男のセンズリなんて、もう何十年も見てないからなあ・・・。今のうちにちゃんと見ておきたいんじゃ!」
「なら、お好きに使ってください!命令すれば、どんなことでもしますよ!センズリ見た後、ケツでも掘ってみますか?」
「いや!いや!いや!もうどんだけ頑張ってもチンポ勃たねえから・・・。ケツ掘るのは無理じゃ!じゃあ、命令させてもらうぞ!おいこら、その窓際でセンズリして見せろ!」
「うっす!センズリします!」
「センズリだけじゃあ、つまらねえなあ・・・。おらっ、これ使ってケツでも弄りながらセンズリして見せろ!」
 川村はそう言うと、60cmはあろうかと思える双頭ディルドを便所の床に投げ落とした。登吾は、そのディルドを拾うと、窓際の便所の床に寝そべり、爺さん連中に見やすいように、ケツを開くと、ディルドをケツの中に押し込んだ。
「ほう・・・。ズリズリどんどん入っていくのお・・。すごいもんじゃ・・・」
 3分の2程入ったところで、登吾は立ち上がると、がに股になって突き出たディルドの端を握って、上下に動かしながら、チンポを扱いた。
「はあああああっ、すげえっ!マンコの奥まで入ってるっ!俺のやらしいズリ見てください!お願いします!もっと見てください!」
 登吾がそう言うと、集まっていた爺さん連中が、登吾の間近まで近づいて覗いてきた。
「ワシに、こいつを動かさせてくれっ!」
 1人の爺さんがディルドを登吾の手から奪い取ると、勝手に上下に激しく動かし始めた。
「うわああああああああっ!すげえっ!当たるっ!当たるっ!逝きますっ!逝きますっ!逝って良いですか!逝きますっ!逝くっ・・・・」
 登吾は、爺さん連中の目の前で、ザーメンを飛ばして見せた。
「また、時々連れてきますから、その時はいつでも好きに使ってやってください!それが、こいつの喜びですから・・・」

 ある金曜には、体育教官室で素っ裸になるよう命令され、車に乗せられ、駅裏の公園に連れて行かれた。そして、そこで登吾は、首に犬の首輪を付けらえ、腹に公衆便所と書かれると、四つん這いのまま手綱を引かれ、公園内を引きずり回された。異様な光景に、公園に来ていた爺さん連中が集まってきた。公園内を2周ほどするうちに、10人程の爺さん達が2人の後を付いて来た。川村は、明るい街灯を見つけると、登吾をその下に連れていった。
「おらっ、ここで小便しろ!犬はどうやって小便するか判るよな!お前はさかりの付いた犬なんだよ!小便しろっ!」
 登吾は、街灯の根元に向かって小便しようと片足を上げた。大勢の爺さん達が覗き込んで来た。恥ずかしさと興奮で、登吾のチンポが勃起し、なかなか小便が出てこなかった。
「俺の命令は小便しろだ!何勝手に勃起させてるんだ!」
 そう言うと、川村は手にした手綱で登吾を鞭打った。
「ぎゃあああああっ!し、します!小便します!小便しますから、叩かないでください!お願いします!」
 登吾は、必死で膀胱を緩めた、ようやくジョロっと小便が出たかと思うと、次々にジョロジョロと出始めた。だが勃起したチンポから出た小便は、街灯ではなく登吾の胸や腹、そして顔にまで飛んで来た。登吾は、小便まみれになった。
「なんだ、バカ犬は小便すらまともに出来ねえのかよ!臭っせえなあ!おらっ、洗ってやるからこっち来い!」
 川村は、そう言うと、登吾を近くのトイレに連れて行った。そして洗面台の前で、蛇口にホースを繋ぐと、登吾の全身に水を掛けた。登吾を洗い終わると、小便器に座らせ、両手を便器の上に縛り付け、目隠しした。
「お前のやられる様子は、隠しカメラで撮影してるからな!せいぜい楽しめよ!」
 そう登吾の耳元で囁くと川村は去っていった。便所の入口で、事の成り行きを見守っていた爺さん連中に川村が言った。
「好きに使って良いですよ!やりたいように嬲ってやってください!」
 爺さん達は、その言葉を聞くと登吾の周りに集まってきた。そして、それぞれが登吾の身体を弄り始めた。
「おっ、俺は、公衆便所です!好きに使ってください!俺の口でもケツでも好きに使って、嬲ってください!」
 登吾の口に、いきなりチンポが押しつけられると、爺さんのふにゃちんが突っ込まれた。小便を掛けられ、ふにゃちんをしゃぶらされ、ケツをなめさせられ、チンポや乳首を弄られ、ケツにいろいろな物が突っ込まれた。足で登吾の勃起したチンポを踏む爺さんもいた。さんざん登吾を弄り回すと、爺さん達はそのトイレを去って行った。
nice!(0)  コメント(0)